MiKeホームページ
life; 生命・生活・人生

 lifeには、様々な意味がある。代表的なものとして、3つを挙げた。それらは次のように関連付けられる。生(命)あるものには生活があり、生活があるものには人生がある。

 日々の散歩で見た動植物や風景を画像や動画で掲載。5キロ程散歩する機会があります。田んぼや川があります。最初は何もないと思っていたのでが、様々な物が目に留まるようになってきました。鳥の名前も分かるようになりました。

カルガモ日記

 埼玉県毛呂山町の越辺川でのカルガモ撮影記録です。

6月23日
 朝、岡本団地傍の土手から3匹の雛と10匹の雛を連れたカルガモの親子2組をを目撃。10匹の雛連れのカルガモは川の土手を越え、水田に雛達を導き、朝のお食事でした。カルガモの雛達は、昨日も水田に居たと見回りに来られていた農家の方から聞きました。

6月22日
 朝、15時頃と夕方、岡本団地傍の土手から3匹の雛を連れたカルガモの親子を目撃。3組目の親子です。200m程の範囲で川を上下しているようです。左岸側と右岸側を行ったり来たりしていました。

6月21日
 雨。4:15に越辺川橋から上流へ向かって行くカルガモの親子を目撃。堰の手前までは確認をしましたが、それ以降は確認に行っていません。

6月20日
 4:20に越辺川橋に着くと10匹のカルガモの雛達は上流に向かい始めていたところでした。堰の左岸側奥まで雛達は行きましたが、橋に戻って来て(6:20)、一休み。1時間後に橋に戻ったのですが、カルガモの雛達を見つけることはできませんでした。
 夕方、岡本団地傍の川の土手から、200m下流に戻ってくる10匹のカルガモの雛達を確認。親に遅れまいと12分近く泳いで、観察している目の前を通過して行きました。この日は、越辺川橋の下で寝たかどうかは確認できませんでしたが、橋の傍までは来たようです。


カルガモの親子(2)
 6月19日17:59、越辺川橋の下。ちょうど、川からコンクリートに上がったところだ。雛が10匹います。11日は8匹でした。別の家族のようです。雛達の体の大きさのばらつきが大きいです。
 18:24に親が川に入り、上流に向かって移動し始めた。橋から100m程上流の河原でも観察。程なくして、カルガモ達は橋の下に戻り、橋の下で採餌した後、19:30に寝床に着きました。
 日没は、18:40過ぎ。カルガモ達は、随分暗くなっても活動していることが分かりました。(6月22日掲載)

アメンボ
 6月17日5:15分頃。越生大橋から越辺川を見ると川面が光っている。何だろうと思い、望遠レンズで拡大してみると無数のアメンボだ。水面に浮いている足先の所が光っていました。

 次の動画を見て頂けると光っている様子がよく分かります。
 (6月17日掲載)

アオダイショウ
 6月6日、目黒にある自然教育園に久し振りに行きました。園の研究員さんが木に登っていたアオダイショウを捕らえられていました。尾の先までの長さ134㎝のオス。雌雄の見分け方と、胴体と尾の部分の区別の仕方を教えて頂きました。>
 (6月14日掲載)

 6月12日に昨日と同じ時刻頃にカルガモの親子を見た場所に行きましたが、カルガモの親子を見ることはできませんでした。(6月13日掲載)

カルガモの親子
 6月11日、16:20過ぎから散歩。いつものコース。水田でコサギとアオサギを見かけた。休耕田の傍でヒバリがホバリング。17:45頃、越辺川橋の橋台の上に子連れのカルガモ。8匹のカルガモの雛達。このコースでひなを見るのははじめて。橋の上からしばらく見てから、上流の方へ行く。河原が整備されたので観察がし易くなりました。
 (6月12日掲載)

 6月12日に昨日と同じ時刻頃にカルガモの親子を見た場所に行きましたが、カルガモの親子を見ることはできませんでした。(6月13日掲載)

コメント

6月18日
 その後、カルガモさん達はどうしていますか。(RK)

MiKe
 毎日、散歩に行っていますが、見かけません。目撃したという話も聞きません。寝床は決まっていないようです。11日の様子からすると1時間で100m程移動できるのは分かりました。

6月20日 Mike
 昨日、18:00に越辺川橋の下に別のカルガモの親子が居ました。10匹の雛達がいました。休憩中でした。


盤洲干潟からの富士山
 5月27日に盤洲干潟に行った日は、富士山の山頂部分が薄っすらと見えました。雪がまだ残っています。この日は大潮。大潮の内でも最大に潮が引く日で広大な干潟が現れました。波打ち際までは1キロはあると思います。
 BGMですが、楽譜通りにはピアノを弾けないので音楽ソフト(final NotePad)で音符を書き込み、音色を変えています。BGMの演奏時間はソフト的に調節を行っています。


 (6月5日掲載)

6月3日の日の出
 快晴が期待されたので無名戦士の墓展望台で日の出を撮りました。
 朝焼けを背景にした筑波山を望むのははじめて。


 白亜の廟(びょう)を入れて撮りました。


 平和資料館展望塔付近まで太陽が北に寄って来ています。

 (6月3日掲載)

5月に掲載した分。
(東京湾アクアブリッジ、東京湾アクアライン、虫と動物など

残月。桜の頃。桜に誘われて。西戸崎での夕暮れ。
カルガモの交尾。ユリカモメの採餌ダンス

カワセミ。カモメの飛翔。ダイヤモンド富士。
2017年2月:雪国六日町に行った時、電車内から撮った動画や坂戸山に登った時の動画。
2017年1月:冬の南北海道での動画
笠山

perlで音楽

このページの訪問者数

(Since Feb/11/2017)

life web siteの全アクセス数

(Since Dec/8/96)

メールやコメント 匿名でも届きます。

(2017年2月11日掲載、2017年6月23日更新)

(C) Copyright. All rights reserved.